トップ > くらし・手続き > 戸籍・住民票の手続き > 出生・死亡・婚姻など(戸籍届出)

更新日:2019年12月10日

ここから本文です。

出生・死亡・婚姻など(戸籍届出)

引越しや婚姻時のマイナンバーカードなどの提出のお願い

戸籍

戸籍は、わたしたちとその家族が日本国民であることを証明し、出生・婚姻・離婚・転籍・死亡などの身分関係を記載した社会生活上の重要な役割をもつ制度です。届出は、受理された日から効力(出生・死亡を除く)を発します。所定の届書1通を定められた日までに正確に届け出ましょう。

出生届

赤ちゃんが生まれた日を含めて14日以内に届出をしてください。
(ただし、14日目が土・日・祝日であるときは翌開庁日まで)

届出場所

  • 子の父または母の本籍地
  • 届出人の所在地(一時的な滞在地も含みます)
  • 生まれたところ

届出人

父か母、同居者、医師、助産師、その他の立会者の順
※届出人とは、出生届書に署名・押印をする人のことです。

届出をするときに必要なもの

  • 出生証明書(医師もしくは助産師が証明したもので出生届の右側にあります)
  • 母子健康手帳
  • 届出人の印鑑(認め印で可)

その他

住所があるところでのお手続き(乳幼児医療など)があります。
詳しいことは、住所がある市区町村役場へお問い合わせください。
住所が姶良市の方はコチラをクリック→

死亡届

死亡を知った日から7日以内に届出をしてください。
届出により死体火葬許可証を発行します。

届出場所

  • 死亡した人の本籍地
  • 届出人の所在地(一時的な滞在地も含みます)
  • 死亡したところ

届出人

  • 同居の親族
  • 同居していない親族
  • その他の同居者
  • 家主、地主または家屋もしくは土地の管理人
  • 後見人、保佐人、補助人や任意後見人

届出をするときに必要なもの

  • 死亡診断書(医師が証明したもので死亡届の右側にあります)
  • 届出人の印鑑(認め印で可)
    ※一度提出された届書はお返しできません。
    必要があれば、事前にコピーをとっておくことをおすすめします。

その他

死亡に伴う市役所での主な手続きについて(PDF:330KB)

婚姻届

届出場所

  • 夫または妻の本籍地
  • 届出人の所在地(一時的な滞在地も含みます)

届出人

夫と妻

届出をするときに必要なもの

  • 婚姻届書(成人2名の証人の署名、押印が必要)
  • 届出をする市区町村に本籍がない場合は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 届出人の印鑑(認め印で可)
  • 未成年者の場合は父母(養父母)の同意書
  • 本人確認の書類(運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きの官公署発行の身分証明書)

その他

「姶良市オリジナル婚姻届」についてはココをクリック

離婚届

離婚の方法は、「1.協議離婚」と「2.裁判離婚」があり、離婚の種別によって届出をする際に必要なものが違います。
また、離婚後も婚姻時の氏をそのまま使い続ける届出(戸籍法77条の2の届)があります。

1.協議離婚

届出場所

  • 夫妻の本籍地
  • 夫または妻の所在地(一時的な滞在地も含みます)

届出人

夫と妻

届出をするときに必要なもの

  • 離婚届書(成人2名の証人の署名、押印が必要)
  • 届出をする市区町村に本籍がない場合は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 夫妻それぞれの印鑑(認め印で可)
  • 本人確認の書類(運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きの官公署発行の身分証明書)

2.裁判離婚

届出場所

  • 夫妻の本籍地
  • 夫または妻の所在地(一時的な滞在地も含みます)

届出人

申立人(調停成立日、または判決や審判の確定日から10日以内に届出をしてください)
※確定日から10日を経過した場合は、相手方からもできます。

届出をするときに必要なもの

  • 離婚届書
  • 調停調書の謄本、審判書または判決の謄本や確定証明書
  • 届出をする市区町村に本籍がない場合は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 申立人の印鑑(認め印で可)

入籍届

届出場所

  • 入籍する人の本籍地
  • 届出人の本籍地
  • 届出人の所在地(一時的な滞在地も含みます)

届出をする人

15歳以上のときは、入籍する本人(本人の署名、押印が必要です)
15歳未満のときは、入籍する人の法定代理人(親権者の署名、押印が必要です)

届出をするときに必要なもの

  • 入籍届書
  • 届出をする市区町村に入籍する人の本籍や入籍する本籍がない場合はそれぞれの戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 届出人の印鑑(認め印で可)
  • 家庭裁判所の許可書
    ※ただし、家庭裁判所の許可が必要ない入籍届もあります。(例:父母婚姻中の戸籍に子が入籍するときなど)

転籍届

届出場所

  • 転籍地(新しく戸籍を移すところ)
  • 本籍地
  • 届出人の所在地

届出人

戸籍の筆頭者とその配偶者
(筆頭者・配偶者それぞれの署名、押印が必要)

届出をするときに必要なもの

  • 転籍届書
  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)1通
    ※ただし同じ市区町村内で転籍する場合は不要
  • 届出人の印鑑(認め印で可)

 

その他の届出について

上記以外に養子縁組(離縁)届・認知届・分籍届・死産届などがあります。
詳しい内容については、下記までお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課戸籍係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3159(113)

ファックス番号:0995-65-4501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る