ホーム > 魅力・観光 > 文化財(ヘリテージ)

ここから本文です。

文化財(ヘリテージ)

国民文化祭龍門司坂2
苔むした国指定史跡・龍門司坂(たつもんじざか)

姶良市には、歴史豊かな風土を物語る文化財・史跡が市内各所に数多く残り、191件の国・県・市指定文化財は県内市町村で最多を誇ります。登録文化財13件を加えますと204件(加治木130件・姶良52件・蒲生22件)。これら先代からの継承物(heritage)をさらに後世へ伝えていきます。

主な文化財

指定文化財

数ある文化財の中で年代や由来、全体像などが分かり、特に重要なものを指します。文化財保護法や文化財保護条例などの規定(ルール)に則って、保護を進めています。

 

登録文化財

指定文化財以外で文明・文化の象徴となっている建物などのなかには、開発が進むことで壊される可能性があるものもあります。そのため、指定文化財だけでは保護しきれないものを保護(補完)します。

>>埋蔵文化財発掘調査の手引き

クローズアップ

文化財の特集をしています。

和紙

田の神様

 

 

姶良市デジタルミユージアム

姶良市デジタルミュージアムは、市の今までのヒストリーを電子する事業で、現在、平成27年4月を目途に、紙媒体のまま市の文庫に眠っている市史などを随時デジタル化しているところです。2010年(平成22年)より前の旧町時代に発行された広報紙も電子化しています。昭和20年代からの広報紙もありますので、みなさんのご家族や友人の若かりし頃の写真や記事などが見つかるかもしれません。電子ライブラリとしてご活用ください。

デジタル化した旧町時代の広報紙

 

 

姶良市デジタルミュージアムへ

(外部サイトへリンク)

 

姶良市の文化財マップ

電子書籍でもご覧いただけます。


(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。