ホーム > 表情、コスチューム、ポージィンク/田の神様

更新日:2015年1月8日

ここから本文です。

クローズアップ


Tanokami City "AIRA"

  

 

 

包む込むような表情、バラエティに富んだコスチューム、威厳すら感じるポーズ。           

じっとみつめるその先に──。 地域の幸せを願う神々が鎮座する。

          

 
日木山の田の神

 

日木山の田の神。「田の神様(タノカンサァ)」が今日も何かを語り掛ける。  
   

  

田の神


鹿児島県本土と宮崎県の諸県地方では、田んぼのほとりに石造りの像「田の神」があり、地域を見守っています。
一般に「タノカンサァ」と呼び、江戸時代の薩摩藩領内で作られた独自の文化です。
この石像の総数は小型のものまで入れると約1500体以上あると言われています。

現在、最も古い田の神像は、さつま町鶴田紫尾(しび)にある、宝永2年(1705年)の仏像型のものです。
スタンダードな田の神像は、甑(土器)の底に敷くワラのスノコを頭にかぶり、手にはしゃもじ、お椀、
スリコギなどを持ち、田んぼで仕事をする姿をしています。
さらに古い田の神像は、薩摩エリアでは大日・地蔵などの仏像タイプ、大隅・日向エリアでは衣冠束帯(いかんそくたい)に
笏(しゃく)を持つ神像タイプとして始まりした。その後、村々を転々と巡り歩く僧や神舞を舞う神職姿になり、
さらに田の神舞(たのかんまい)の像のスタイルに発展したものと考えられています。

このような田の神像は、南九州で独自の発展を遂げ、その地域を表現する庶民性豊かな民俗文化財といえます。
姶良市にもさまざま田の神像があります。

 

田の神講(たのかみこう)

2月や10月・11月に行われる田の神に収穫を感謝する農村行事。
昔ながらの郷中(ごじゅう)では、11月亥の日(いのひ)に数軒の人々が田の神を祀る家「座元(ざもと)」に集まります。
新米で餅をつき、田の神にお供えます。小豆アンやきな粉をまぶして、歳の数だけ食べ、また、
ナマスやニワトリ料理・煮しめなども用意されます。

地域によっては、田の神を家々で持ち回りするところもあり、田の神に化粧をほどこします。
もみ入りのワラやお餅を背負わせて、次の座元に送ります。

現在、田の神講をする地域は少なくなり、貴重な地域行事のひとつでもあります。

 

田の神マップ

市内に点在するタノカンサァをマップ化しました。電子書籍にしていますのでタブレットなどでもスムーズにご覧いただけます。
マップでは57体を網羅していますが、地域やご家庭などインドアに祭っている(眠っている)ものもきっとあるはずです。

姶良市田の神ガイドマップ(電子ブックHTML5版とFlash版)

文化財は県下最多です。

 

 

お問い合わせ

教育委員会社会教育課文化財係

899-5294 鹿児島県姶良市加治木町本町253番地

電話番号:0995-62-2111(211)

ファックス番号:0995-62-3699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?