トップ > 住宅用地に対する特例

更新日:2018年4月10日

ここから本文です。

住宅用地に対する特例

住宅用地に対する特例

居住用の家屋が建っている住宅用地については、その税負担を特に軽減する必要から、以下の特例措置が適用されます。

(ア)小規模住宅用地

200平方メートル以下の住宅用地

  • 固定資産税=価格(課税標準額)×6分の1×税率(1.4%)
  • 都市計画税=価格(課税標準額)×3分の1×税率(0.1%)

(イ)一般住宅用地

小規模住宅用地以外の住宅用地(200平方メートルを超える部分)

  • 固定資産税=価格(課税標準額)×3分の1×税率(1.4%)
  • 都市計画税=価格(課税標準額)×3分の2×税率(0.1%)

この特例は、居住用の家屋を取り壊さない限り適用されます。

家屋の床面積の10倍までを限度として住宅用地となります。

お問い合わせ

総務部税務課固定資産税係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3052

ファックス番号:0995-67-7878

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る