トップ > くらし・手続き > 福祉 > 定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(調整給付)

更新日:2024年6月5日

ここから本文です。

定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(調整給付)

制度の概要

令和6年分の所得税および令和6年度分の個人住民税(市・県民税)において定額減税が実施されます。その中で、定額減税しきれないと見込まれる方につきましては調整給付金を支給します。

給付の対象となる方

令和6年分の所得税および令和6年度分の個人住民税のいずれかの(又はいずれの)税額が定額減税可能な額を下回る(減税しきれない)場合、調整給付金の対象になります。

  • 定額減税可能な額
    所得税分  :3万円×減税対象人数
    個人住民税分:1万円×減税対象人数

    ※減税対象人数:納税者本人+扶養親族の数

支給額

所得税と個人住民税の定額減税可能額を合算の上、減税しきれない額を1万円単位で切り上げた額が支給額となります。

給付金支給の流れ

調整給付金の対象者と見込まれる方へ、確認書を発送予定です。発送時期等、詳細が決まり次第更新いたしますので、しばらくお待ちください。


お問い合わせ

福祉部長寿・障害福祉課福祉政策係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3203

ファックス番号:0995-65-6964

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る