更新日:2017年12月4日

ここから本文です。

龍門滝

りゅうもんのたき

20121213-ryumondaki-puromo.gif

その昔、唐人が「漢土の龍門瀑を見るが如し」と賞したことから龍門滝と名づけられたとされています。

漢土の龍門瀑とは、黄河の上流にある峡谷のことで、このあたりは、すさまじい勢いで水が流れ落ちていました。
「ふつうの魚ではこの流れをとても登りきれない。もし登りきれば、魚はたちまち龍と化すであろう」
今日、私たちが難関を突破する際に「登竜門」という言い方をしますが、この言葉の起源は、ここにあります。
その名瀑に例えて名付けられた龍門滝は、「日本の滝百選」に選ばれており、高さ46m、幅43mに達し、轟音とともに水が流れ落ちる様は圧巻です。
夜間はライトアップされ真っ白な水のカーテンが闇を切り裂き、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

映像と画像

 

20121213-ryumondaki-kurip.gif

龍門滝

 

所在地

姶良市加治木町木田5271-1

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部商工観光課観光振興係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3145

ファックス番号:0995-65-7112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?