トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療保険 > 高額療養費自己負担限度額

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

高額療養費自己負担限度額

自己負担限度額(月額)

(平成30年8月~)

負担割合 所得区分 外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)

3割

課税所得690万円以上

252,600円+(医療費-842,000円)×1% ※2

(多数該当 140,100円)※4

3割

課税所得380万円以上

167,400円+(医療費-558,000円)×1% ※3

(多数該当 93,000円)※4

3割

課税所得145万円以上

80,100円+(医療費-267,000円)×1% ※1

(多数該当 44,400円)※4

1割

一般

18,000円

(年間144,000円上限)

57,600円

(多数該当 44,400円)※4

1割

住民税非課税(区分2.)

8,000円

24,600円

1割

住民税非課税(区分1.)

8,000円

15,000円

 

1:医療費が267,000円を超えた場合、超過額の1%を加算します。

2:医療費が842,000円を超えた場合、超過額の1%を加算します。

3:医療費が558,000円を超えた場合、超過分の1%を加算します。

4:( )内は、過去12か月間に3回以上該当した場合の4回目以降の額です。

 

75歳の誕生月における自己負担額の特例

 75歳の誕生月は、それ以前の医療保険と後期高齢者医療保険の自己負担限度額が、それぞれ2分の1となります。

 

限度額適用・標準負担額減額認定証について

 低所得者1.または2.に該当される方は、入院・外来の歳に、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関窓口に提示していただくと、保険適用分の医療費の自己負担が限度額までになり、食事代も減額されますので、担当窓口へ申請してください。

 

お問い合わせ

保健福祉部保険年金課高齢者医療係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3117

ファックス番号:0995-66-4501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る