ホーム > 消防・救急 > 救急 > 応急手当 > やけどに対する応急手当

更新日:2017年9月14日

ここから本文です。

やけどに対する応急手当

やけどやけどは熱湯、油、火など高温のものが体に触れたり、低い温度のカーペットなどに長時間触れた場合におこります。その他のやけどとして化学薬品でもおこります。

応急手当として氷水などで急激に冷やしてしまうと逆に悪化する場合もありますので、水道水などの流水で十分に冷やします。広範囲のやけどの場合は、黒色や白色に焼け焦げている場合はすぐに救急車を呼んでください。

お問い合わせ

消防本部警防課第1通信指令室

899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田2040番地1

電話番号:0995-63-3287

ファックス番号:0995-63-3291

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?