ホーム > 消防・救急 > 救急 > 応急手当 > 骨折に対する応急手当

更新日:2017年9月14日

ここから本文です。

骨折に対する応急手当

骨折骨折してしまうと、激しい痛みや腫れ、変形がみられます。無理に動かしてしまうと痛みが強くなったり、骨折している骨端で周囲の血管や神経を傷つけてしまいます。骨折に対する応急手当は固定して動かさないことが大切です。変形している場合は、そのままの状態で固定します。

傷病者に必ず痛みが強くならないか、和らいだかを聞きながら固定するようにします。

 

骨折2

 

 固定方法は、身近にあるダンボールや新聞紙などを利用してもかまいません。周りにある固定できそうなものをみつけて使用します。

 

お問い合わせ

消防本部警防課第1通信指令室

899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田2040番地1

電話番号:0995-63-3287

ファックス番号:0995-63-3291

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?