更新日:2020年5月29日

ここから本文です。

たばこと健康

5月31日は、「世界禁煙デー」です。また5月31日から6月6日までは、「禁煙週間」となっています。

喫煙は本人の健康にとってよくないだけではなく、たばこを吸わない周りの人の健康にもさまざまな悪影響を及ぼします。この機会にたばこについて考えてみましょう。

たばこの健康影響

たばこの煙には、約5,300種類の化学物質が、その中には約70種類の発がん性物質が含まれています。これらの物質は、のど、肺などのたばこの煙に直接触れる場所だけでなく、血液を通して全身に運ばれ、がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、脳卒中などの原因になります。

たばこと健康に関することや慢性閉塞性肺疾患(COPD)の詳細については、次のホームページを参考にしてください。

■厚生労働省ホームページ「たばこと健康に関する情報」(外部サイトへリンク)

■鹿児島県ホームページ「COPD(慢性閉塞性肺疾患)を予防しましょう!」(外部サイトへリンク)

「新型たばこ」にご注意ください

最近は新型たばこ(加熱式たばこ、電子たばこなど)を使用する人が増えています。

新型たばこの使用と疾病及び死亡リスクとの関連について、現時点で明らかになっていませんが、海外では電子たばこでの健康被害症例が報告されており、健康被害を起こすおそれを否定できません。

また、「ニコチンを含まない」と表示して販売している電子たばこのうち、実際にはニコチンが含まれる製品が一部あるため注意が必要です。

新型たばこから生じる煙は、臭いが少なかったり蒸気が目に見えなかったりして、害がないように感じます。しかし、新型たばこの中には有害物質が含まれていることが明らかなものがあり、喫煙者や受動喫煙による周囲の人に与える健康への影響についても注意が必要です。

■厚生労働省ホームページ「電子たばこの注意喚起について」(PDF:311KB)

たばこが未成年者に与える影響は深刻です

未成年者(満20歳未満)で喫煙を開始した場合の死亡率は非喫煙者に比べて5.5倍と高く、がんや虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)などの重い病気を発症する危険性がより高まります。

また、未成年者は大人よりもニコチンに対する依存度が高くなる傾向があり、一度喫煙するとなかなか禁煙することが難しくなります。

未成年者は「なんとなく」や「友達から勧められて」など、その場の雰囲気に流されないようにしましょう。また、周囲の大人はたばこから未成年者を守るように努めましょう。

望まない受動喫煙をなくそう!

けむいモン受動喫煙とは、「室内またはこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること」を意味します。

たばこの煙には、喫煙者が直接吸い込む「主流煙」のほかに、たばこの先から立ちのぼる「副流煙」、喫煙者が吐き出す「呼出煙」があり、「副流煙」と「呼出煙」を吸い込んでしまうことが「受動喫煙」にあたります。

たばこを吸わない人でも、他人のたばこの煙などでがんや虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、脳卒中、小児の喘息、乳幼児突然死症候群(SIDS)になる危険性が高まるといわれています。また呼吸機能低下、低出生体重・胎児発育遅滞の要因など、健康への影響が報告されています。

2020年4月、健康増進法の一部を改正する法律が全面施行され、飲食店やオフィス・事業所などでも、原則屋内禁煙になるほか、20歳未満の方の喫煙エリアへの立入禁止など、望まない受動喫煙対策が始まりました。

受動喫煙の防止についての詳細は、次のホームページを参考にしてください。

■厚生労働省特設サイト「なくそう!望まない受動喫煙。」(外部サイトへリンク)

■鹿児島県ホームページ「受動喫煙防止対策について」(外部サイトへリンク)

 

「たばこの煙のないお店」を利用しましょう

「たばこの煙のないお店」とは、鹿児島県が肺がんや循環器疾患などの生活習慣病予防対策の一環として、受動喫煙防止を推進するため、鹿児島市以外で全面禁煙に取り組む飲食店または喫茶店を「たばこの煙のないお店」として登録し、ホームページなどを通じて県民のみなさんに情報提供する制度として、平成26年3月から開始しました。

登録店についての詳細は、次のホームページを参考にしてください。

■鹿児島県ホームページ「たばこの煙のないお店をご利用ください!」(外部サイトへリンク)

禁煙をはじめたい方へ

(1)禁煙に成功しやすい方法とは?

禁煙は自力でも可能ですが、医療機関での禁煙治療や禁煙補助薬を利用すると、ニコチン切れの症状を抑えることができるので比較的楽に、しかも自力に比べて3~4倍禁煙に成功しやすくなることがわかっています。

(2)自分にあった禁煙方法を選ぼう

タイプ別にお勧めの禁煙方法を示しました。自分に合った禁煙方法を選びましょう。

禁煙方法

お勧めのタイプ

医療機関で禁煙治療を受ける

ニコチン依存度が中程度~高い人

禁煙する自信がない人

過去に禁煙して禁断症状が強かった人

精神疾患など、禁煙が難しい特性がある人

薬剤の選択など、禁煙にあたって医師の判断を必要とする人

薬局・薬店でニコチンパッチやニコチンガムを使ってやめる

ニコチン依存度が低い~中程度の人

禁煙する自信が比較的ある人

忙しくて医療機関を受診できない人

健康保険適用の条件を満たさない人

(3)健康保険で禁煙治療が受けられます!

「楽に」「確実に」「あまりお金をかけずに」禁煙するためにも医療機関を受診して禁煙治療を受けることをおすすめします。

禁煙治療が受けられる医療機関や禁煙治療の流れや受診条件につきましては、次のホームページを参考にしてください。

■鹿児島県ホームページ「上手に禁煙するために」(外部サイトへリンク)

■姶良市内の禁煙支援医療機関一覧(令和2年4月1日現在)(PDF:88KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課成人保健係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3293(149)

ファックス番号:0995-67-0095

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る