トップ > 行政・議会 > 施策・計画 > 市の計画 > 業務継続計画(BCP)

トップ > 施策・計画 > 市の計画 > 業務継続計画(BCP)

更新日:2018年7月9日

ここから本文です。

業務継続計画(BCP)

業務継続計画(BCP=Business Continuity Plan)とは

業務継続計画(BCP)とは、災害時に行政自らも被災し、人、物、情報など利用できる資源に制約がある状況下で、優先的に実施すべき業務(非常時優先業務)を特定するとともに、業務の執行体制や対応手順、継続に必要な資源の確保などをあらかじめ定め、大規模災害発生時にあっても、適切な業務執行を行うことを目的とした計画です。

BCP策定の効果

BCPの策定により、次のような効果が見込まれます。

  • 業務立ち上げ時間の短縮
  • 発災直後の業務レベル向上

計画の概要

BCPは、主に次のような内容で構成されます。

1 災害の想定
2 計画の基本方針
3 計画の対象となる組織
4 非常時優先業務の選定

詳しくは、こちらをご覧ください。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部行政管理課行政管理係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3075

ファックス番号:0995-65-7112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る