トップ > くらし・手続き > 相談窓口 > 消費生活相談 > 消費者行政に関する市長の意思表明

更新日:2020年8月12日

ここから本文です。

消費者行政に関する市長の意思表明

近年、超高齢社会の到来や高度情報化の進展により、消費者を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした環境の変化によって生じる消費者問題は、ますます複雑化、多様化し、高齢者をはじめ、社会経験の少ない若者などを狙った悪質商法や契約トラブル、最近では新型コロナウイルスに便乗した新たな詐欺など、様々な相談が寄せられています。

本市では、このような状況に対応するため、国の消費者行政活性化基金などを活用し、平成23年9月に姶良市消費生活センターを設置し、3名の専門相談員が日々、消費者と事業者との間に起こったトラブルなど様々な相談に対しての助言やあっせん、情報提供などを行っております。また、消費者被害未然防止と消費者への啓発活動の一環として、地域の集まりやサロンなど様々な場に出向き『消費生活出前講座』を行っています。

市民のみなさんがより安心・安全に暮らせるよう、関係機関などとの連携のもと、今後も持続的に消費者行政に係る相談体制の充実を図るとともに、啓発活動の維持、強化に取り組んでまいります。消費者トラブルにあわれた場合は、一人で悩まず、姶良市消費生活センターにお気軽にご相談ください。

 

 

令和2年8月

姶良市長 湯元 敏浩

市長

 

 

 

お問い合わせ

市民生活部男女共同参画課市民相談係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:代表:0995-66-3111(内線156)または直通:0995-66-3165

ファックス番号:0995-66-6994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る