トップ > くらし・手続き > 教育・スポーツ > 公表 > 平成31年度全国学力・学習状況調査の結果公表

更新日:2019年9月18日

ここから本文です。

平成31年度国学力・学習状況調査の結果公表

1国学力・学習状況調査について

成31年度全国学力・学習状況調査について説明します。

(1)調査のねらい

務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図るとともに、教育に関する継続的な検証改善を行うことをねらいとしています。さらに、学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善などに役立てていきます。

(2)調査対象

小学校第6学年、中学校第3学年

(3)調査内容

小学校第6学年国語、算数、児童質問紙

中学校第3学年国語、数学、英語、生徒質問紙

各小・中学校学校質問紙

(4)施日

平成31年4月18日(木曜日)

2国学力・学習状況調査の結果概況について

平成31年度全国学力・学習状況調査の結果について概況をお知らせします。

(1)力に関する調査の結果概況と分析

学校第6学年(平均正答率は、小数第一位を四捨五入した整数値です。)

 

国語

算数

姶良市の平均正答率(%)

68

66

鹿児島県の平均正答率(%)

66

65

全国(公立)の平均正答率(%)

63.8

66.6

 

国語においては大きく全国平均を上回っている。算数においては全国平均と同程度であると考えます。

国語では、漢字や言語事項の反復による徹底が図られていることと、書くことの指導の徹底が図られている結果であると考えます。各学校の読書に親しませる取組の成果であるとも考えています。

算数では、基礎的計算による反復による徹底が図られていることと、問題を解く過程を筋道立てて説明したり、書かせたりすることを重視した指導の結果であると考えます。ややグラフの読み取りに関する設問に課題があります。

学校第3学年(平均正答率は、小数第一位を四捨五入した整数値です。)

 

国語

数学

英語

姶良市の平均正答率(%)

72

60

53

鹿児島県の平均正答率(%)

70

57

53

全国(公立)の平均正答率(%)

72.8

59.8

56.0

 

国語、数学ともに全国平均と同程度です。英語においては全国平均を下回り、課題があります。

国語では、漢字や言語事項の反復による徹底や、「書くことの徹底」により、自分の思いや考えを条件をつけて書かせる取組が効果を上げていると考えます。

数学では、問題を解く過程を筋道立てて説明したり、書かせたりする活動を重視した指導の結果であると考えます。小学校と同様に、グラフの読み取りに関する設問に課題があります。

英語では、「聞くことの活動」と「書くことの活動」に課題があります。聞く活動や書く活動の量を増やす取組をすすめていきます。

(2)習状況に関する調査の結果概況と分析

調査結果の中で、特に特徴的な部分を下にまとめます。

読書好きな児童生徒が多い。                                                            ○1週間に1回以上図書館や図書室に通う児童生徒の割合が多い。                                      ○多くの児童生徒は夢や目標をもっている。                                             △小・中学校とも1週間に1回以上新聞を読む児童生徒の割合が少ない。                    △小・中学校とも平日1時間以上家庭学習ができていない児童生徒が、一定の割合でいます。

 

(3)後の取組

市では、「学力向上アクションプラン推進事業」を中心に、各中学校ブロックを単位とした共通実践、研究授業を通した研修会の実施など、学校・家庭・地域が一体となった学力向上の取組を推進しています。今回の全国学力・学習状況調査結果の課題を受け、今後、学力向上の3つの重点「学習量の拡大、子どもたちの学びへのモチベーション向上、教師の授業力の向上」を柱に、各学校では、自校の傾向を把握・分析し、重点化した取組を始めています。市教育委員会としては、特に授業においては、「書くことの徹底」で自分の思いや考えを表現する活動を重視した取組をすすめます。「音読・読書の徹底」で、新聞を含めた教科書教材以外の本やテキストを積極的に活用した取組をすすめます。

 

3庭・地域へのお願い

市は学力向上策として小中連携を中核に、家庭・地域の教育力を活かした「学力向上アクションプラン事業」に取り組んでいます。

の中で、「学習の構えの確立」「学習環境の整備」「家庭学習の習慣化」の3つを共通実践事項に掲げ、落ち着いた心や環境の中で学びの意欲を高め、学習の習慣化を図ることを通して学力向上を目指しています。特に、「家庭学習の習慣化」は基本的な生活習慣の確立に関わる重要な学びの取組です。各家庭では、低学年の時から家庭学習にしっかり取り組めるよう、環境を整えたり、声かけや励ましをお願いします。(4月当初に配布している「家庭学習の手引き」を参考に、声かけや励ましの言葉をお願します。)

ひ、学校・家庭・地域が協働して、子どもの学びの意欲と学びの習慣化を図り、子どもが将来の夢や希望に向かって努力できるような声かけや支援をよろしくお願いします。

お問い合わせ

教育委員会学校教育課教育指導係

899-5294 鹿児島県姶良市加治木町本町253番地

電話番号:0995-62-2111(215)

ファックス番号:0995-62-1552

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る