ホーム > 魅力・観光 > おもてなし観光 > 歩く > あいらフットパス

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

あいらフットパス

あいらフットパス

小さな旅で、ふるさと再発見

フットパスとは、「歩ける(=foot)小径(=path)」のことです。

イギリスで始まったとされるフットパスは、森林や田園地帯、古いまち並みなど、地域に昔からある風景を楽しみながら歩きます。

姶良市にも魅力あふれる小径がたくさんあります。「あいらフットパス」では、姶良・加治木・蒲生からそれぞれの地域の魅力をたっぷり堪能できるコースが作られています。

新しいあいらを発見する旅に出てみませんか。あなたのお気に入りの場所を見つけられるかも。

>>主催はあいらフットパス実行委員会(外部サイトへリンク)

コース紹介

白銀薫風コース

  • 所要時間:2時間半
  • 距離:6.4キロメートル

〔なぎさ公園あいら〕→〔史跡・白銀坂〕→〔愛宕神社〕→〔布引の滝〕→〔重富麓周辺〕→〔岩剣神社〕

もっとくわしくさんかく

龍門浪漫コース

  • 所要時間:3時間半
  • 距離:5.3キロメートル

〔龍門滝〕→〔石畳遊歩道〕→〔龍門司坂〕→〔高倉展望台〕→〔金山橋の水神様〕→〔滝見台の切通〕

もっとくわしくさんかく

蒲生郷田園コース

  • 所要時間:3時間
  • 距離:7.9キロメートル

〔新小路秋葉山大権現〕→〔住吉池〕→〔米丸マール〕→〔上久徳の地層〕→〔士族共有社跡〕→〔記念碑群〕

もっとくわしくさんかく

お問い合わせ

姶良市観光協会あいらフットパス実行委員会
(事務局:NPO法人くすの木自然館)
〒899-5652姶良市平松7703
電話/FAX:0995-67-6042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?