TOP > 発見 > 桜島・錦江湾ジオパーク

ここから本文です。

桜島・錦江湾ジオパーク

~火山と人と自然のつながり~

hellogeoworldmini

ジオパークとは ~地球を学び、楽しむ~

ジオとは地球や大地をあらわす言葉です。つまり、ジオパークとは、大地の公園という意味なのです。だけど、ただ公園があるだけでは楽しくないですよね。いろいろなイベントがあったり、ツアーに参加できたり、楽しみながら学べたりする仕組みがあれば、きっと楽しい場所になります。ジオパークでは、そんな楽しい場所をみんなでつくっていくことを目標にしています。

georogo

桜島・錦江湾ジオパークとは

「桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会」は、桜島・錦江湾におけるジオパークに関する活動を地域一体となって推進するため平成25年4月に設立。ジオの魅力・特性を生かした観光・交流の推進、自然科学への認識の向上及び郷土への愛着や誇りの醸成などを図ることを目的としています。取り組みが実を結び、同年9月には桜島と鹿児島市と錦江湾の一部をエリアとした「桜島・錦江湾ジオパーク」が日本ジオパークに認定されました。
「桜島・錦江湾ジオパーク」の最大の特徴は、今も活発な活動を続ける活火山・桜島やその周りに人々が暮らしていること。充実した防災対策を行うことで、噴煙の上がる火山の周りで多くの人が生活をしています。活火山と人が共生する世界的にも珍しい場所です。

エリア拡大について

桜島と錦江湾と人々の暮らし、つながりを、より説明できるようにし、さらに錦江湾のストーリーの魅力を高めるために、平成30年4月、垂水市・姶良市が「桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会」に加わり、協働による取り組みが始まりました。そして、令和3年2月、鹿児島市、垂水市、姶良市全域へのエリア拡大が認定されました。

20210208ziohani

桜島・錦江湾ジオパークの取り組み

桜島・錦江湾ジオパークでは、たくさんの方々に地域の魅力・特色やジオ資源の特性を伝えるため、年間を通して、ジオツアーや体験イベントなどを実施しています。また、この他にもジオ資源を守るための保全活動や活火山・桜島と共生するため、防災への取り組みにも力を入れています。

mokuteki

姶良市の(ジオパークの)見どころ

ジオパークには、地形・地質の見どころの「ジオサイト」やジオと文化のつながりを見ることができる「文化サイト」、ジオと自然のつながりを見ることができる「自然サイト」など、様々な見どころがあります。姶良市内には21か所の見どころがありここでは特におすすめする7か所のサイトをご紹介します。

米丸マール

sumiyosiike20210208

米丸マール・住吉池

約8,000年前にマグマ水蒸気爆発でできた爆裂火口(マール)。気象庁の選定する111の活火山のうちの1つであるが現在、米丸マールは水田、住吉池は貯水池として利用されている。火口内には火山の恵みの米丸温泉もあり、火山の恵みを活かすジオサイト。

黒川岬

黒川岬

日木山川の河口にあり、湾奥部から桜島を望むことのできる名勝地で加治木八景に選ばれている。約170~70万年前、国分層群(加治木層)の堆積中に溶岩が流れ込んでおり、マグマの接触部分や安山岩が凝灰質砂岩・シルト層の中に併入している露頭が観察できる。

錦江湾の名前の由来とされている、島津家久の歌「浪のおり/かくる錦は/磯山の/梢にさらす/花の色かな」は、この黒川岬で詠まれたと言われている。

高倉展望所

高倉展望台

ロッジや林間広場などキャンプ場を備える「さえずりの森」の中にある展望台。標高125mの展望台から、姶良市街地~錦江湾に浮かぶ桜島までを一望できる絶景スポットとしても人気を集めている。

shigetomikaigan20210208

重富海岸の干潟

錦江湾にある大きな干潟で約300種類以上の生物が生息し、海の水質浄化や生物多様性を支える大きな役目を担っている。海岸からは桜島と姶良カルデラ壁を180度見渡すことができ、遠く霧島連山を望む絶景のロケーションが楽しめる。

ryumonndaki20210208

龍門滝

「日本の滝100選」に選ばれた、高さ46m、幅43mの雄大な滝。滝を形成する岩盤は、国分層群と呼ばれる地層へ貫入したマグマが冷え固まった安山岩で、発達した美しい柱状節理を見ることができる。

tatumonnzizaka20210208

龍門司坂

薩摩藩主要街道の「大口筋」の一部。苔むした石畳の風情が美しい坂道。石工が近くの樋ノ迫山から溶結凝灰岩を切り出し、平らな切石を整然と敷き詰め、完成までおよそ100年を要したと言われている。国指定史跡文化財。

関連リンク

ページの先頭へ戻る