トップ > 行政・議会 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画 > イベント・講座 > 令和2年度男女共同参画イベント・講座 > 「新型コロナウイルス感染症をめぐるメンタルヘルスの問題を考える」【男女共同参画推進講座】

更新日:2020年8月17日

ここから本文です。

「新型コロナウイルス感染症をめぐるメンタルヘルスの問題を考える」【男女共同参画推進講座】

日頃より男女共同参画の推進につきまして、ご協力いただき感謝申し上げます。
男女共同参画基本計画の基本目標に掲げる「一人一人の人権が尊重され、だれもが安心して暮らすことができる姶良市」という姿が、コロナ禍の中で厳しい状況に立たされています。ここで、メンタルヘルスの視点から、現状を見据え、前に進むための力について学ぶことができるよう企画しました。
ご多忙のところ、急なお願いではございますが、みなさんのご参加をお待ちします。

新型コロナウイルス感染症の状況もあり、連絡が直前になりましたことを、お詫び申し上げます。
なお、幅広く受講ができるよう、「男女共同参画推進講座」の形式で行うこととなりました。

最新情報

定員に達しましたので、申し込みは締め切りとさせていただきます。(17日午前9時現在)

最新の情報はこのページでご案内します。

1.テーマ

「新型コロナウイルス感染症をめぐるメンタルヘルスの問題を考える」

2.開催日程・場所

令和2年8月17日(月曜日)18時00分~19時30分姶良公民館(会議室1・2・3)

3.対象

会場での三密を避けるための定員は20名程度
(1)姶良市在住者、姶良市に勤務する者
(2)男女共同参画関係団体など(女性活躍推進協議会委員、男女共同参画審議会委員、地域推進員ほか)

4.内容


(1)講演

5.研修名称

姶良市男女共同参画推進講座
「新型コロナウイルス感染症をめぐるメンタルヘルスの問題を考える」

6.講師

高橋聡美先生(中央大学人文科学研究所客員研究員)
【プロフィール】
災害や自殺などの遺族・遺児に対し心のケアを重視し、その喪失関係に伴う様々な感情に寄り添い支援をするグリーフサポートの活動を行う。つくば国際大学教授、防衛医科大学校教授(精神看護学)を歴任し、令和2年4月からは、中央大学人文科学研究所客員研究員。
元南日本新聞客員論説委員、「新型コロナ不安への処方箋」(4月)、「論点」(7月)など南日本新聞へ寄稿多数。

7.申込方法・締切

別紙の申込書に記入の上、8月17日正午までに男女共同参画課へご提出ください。

定員に達しましたので、申し込みは締め切りとさせていただきます。(17日午前9時現在)

8.その他

当日は会場受付で

  1. マスクの着用
  2. 発熱(37.5℃以上)はないか
  3. 咳、のどの痛みはないか
  4. 体調不良、その他で健康に不安はないか
  5. 連絡先をお伺いします。

少しでも健康に不安がある場合は受講を控えていただきます。
状況により、変更する場合があります。最新の情報はこのページでご案内します。

申込書

受講申込書(ワード:25KB)

 

お問い合わせ

市民生活部男女共同参画課男女共同参画係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3163

ファックス番号:0995-66-4501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る