トップ > くらし・手続き > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症の関連情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(5月5日)

更新日:2020年5月29日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(5月5日)

【市長メッセージ全文】

 新型コロナウイルスの猛威がいまだ収まらない中、大型連休中に市民のみなさまには、不要不急の旅行や帰省の自粛、ならびに県をまたいでの移動を徹底して避けていただきまして心より感謝申し上げます。

 鹿児島県内ではこれまで10人の感染者が確認されておりますが、4月20日以降およそ2週間、感染者発生ゼロが続いております。姶良市におきましても、3人目以降、感染者は確認されていない状況です。これはひとえに市民のみなさまが感染拡大防止のために、不要不急の外出を控え、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」を回避し、手洗い、消毒、うがいさらには咳エチケットの励行など、お一人お一人の自覚の元、ご協力いただいた効果だと思っております。

 このたび、国は5月6日までとしていた緊急事態宣言を今月末の5月31日まで延長しました。これを受けて、鹿児島県は5月7日以降もこれまで通り、不要不急の帰省や旅行、県をまたいでの移動を徹底して避けること、また、接待を伴う飲食店などいわゆる「3密」のある場への外出自粛。さらには「新しい生活様式」を徹底するように協力を要請しています。姶良市としましても、この方針を準拠し5月7日から20日まで、さらなるご協力をお願いしたいと思います。

 今回、延長された緊急事態宣言の中では、「感染拡大の防止対策と社会経済活動の維持の両立」を図っていくとしております。これまで休業要請をされていた98業種のうち、感染リスクの高い業種を除いては休業を要請されないとしています。引き続き休業を要請されるのは、スナックやキャバレーなど接待を伴う飲食店やカラオケボックスやライブハウスです。一方、要請を除外される業種においては、今後も積極的な感染防止の取り組みが必要となってきます。

 学校におきましては、姶良市では臨時登校日としていた5月7日をもって再開いたします。再開に当たっては、子どもたちの命を守ることを最優先に考え、学びの機会を確保していくことが重要だと考えています。感染予防については手洗い、うがい、換気、健康観察、3密の回避などをさらに徹底していく考えです。ご理解とご協力をお願いいたします。

 5月6日まで休館としていた市の施設については、原則すべて開館いたします。しかしながら当面の間は、ホールや展示場は小規模イベントに限定し、人数が多いなど3密が形成される要素がある場合は、利用できない場合もありますので、ご利用の際は各施設へご相談ください。詳しい施設の開館開始日等は姶良市のホームページに記載してあります。

 市民のみなさまには、さらなるご負担をおかけいたしますが、いまこそ市民がひとつになって感染拡大を食い止め、元通りの生活を一日でも早く取り戻せるようお互いに思いやりを持って協力をしていく時だと思っています。

 これからも市民のみなさまの命と生活を守るために国と県と連携し、支援策などしっかりとした対応をとってまいりますので、共に頑張ってまいりましょう。多様性のある姶良市民の底力で乗り切っていきましょう。

お問い合わせ

総務部秘書広報課広報広聴係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3111(227・228)

ファックス番号:0995-65-7112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る