トップ > くらし・手続き > 戸籍・住民票の手続き > 住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について

更新日:2019年10月15日

ここから本文です。

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について

住民票、マイナンバーカード等への旧氏併記

令和元年11月5日から住民票、マイナンバーカード等へ「旧氏」を併記できるようになります。旧氏を併記することにより、婚姻等で氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏を公証できるようになります。

「旧氏」とは

「旧氏」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

「旧氏」を併記するには

住民票に旧氏を併記するための請求手続きが必要になります。住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや、公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。

住民票等に記載できる旧氏は1人につき1つだけです。

※マイナンバーカードについて詳しくはこちら

旧氏を併記するための請求手続きは以下のとおりです。

1.旧氏が記載された戸籍謄本等を用意します。

戸籍謄本等は、本籍地の市区町村に直接または郵送で請求できます。

2.現在お住まいの市区町村において請求手続きをします。

用意した戸籍謄本等と一緒に、マイナンバーカード(通知カード)を持ってお住まいの市区町村で請求手続きをしてください。マイナンバーカード等に旧氏を併記します。

その他

旧氏併記についてのQ&Aはこちら(PDF:440KB)をご覧下さい。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課窓口証明係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3159(111)

ファックス番号:0995-65-4501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る