トップ > 【新型コロナウイルス感染症対策】転入・転出届や証明書交付の手続き

更新日:2020年5月1日

ここから本文です。

【新型コロナウイルス感染症対策】転入・転出届や証明書交付の手続きについて

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、来庁せずにできる手続きをご活用ください。

また、来庁の必要がある方におかれましては、風邪のような症状がある場合はできるだけ来庁をお控えいただきますとともに、手洗いや咳エチケットを徹底していただくなど、感染予防にご協力をお願いいたします。

転入・転居等の届出期間について

転入・転居等の届出については、届出の事由発生日から14日以内に手続きを行わなければなりませんが、今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い、当分の間、14日を経過した場合であっても、新型コロナウイルス感染症の感染を避けることが理由である場合は「正当な理由」があったとして、期限経過後も手続きができます。

特に市外から転入される方で緊急性のない場合は、2週間程度様子を見てからお手続きくださいますようお願いいたします。

ただし、その他各種お手続き(国民健康保険、介護保険、子ども関係等)の期日については、各担当課へお問い合わせくださいますようお願いいたします。

郵送による手続き

住民異動届のうち、転出届は郵送で手続きができます。

また、戸籍関係証明書、住民票の写し等も郵送で請求することができます。

詳しくは「郵送で申請(戸籍・住民票・転出証明書)」をご覧ください。

※転入届・転居届等は窓口へ来庁していただく必要があります。

マイナンバーカード等によるコンビニ交付

電子証明書搭載済みのマイナンバーカード及び住民基本台帳カードをお持ちの方は、各種証明書がコンビニエンスストアで取得できます。

詳しくは「住民票・印鑑証明書のコンビニ交付」をご覧ください。

マイナンバーカードの継続利用の取扱いについて

マイナンバーカードを所持している方が転出届をしたあと、転入先で転出予定年月日から30日を経過しても転入届を行わなかった場合、マイナンバーカードは失効しますが、今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い、当分の間、転出予定年月日の60日を経過するまでは、マイナンバーカードは失効せず、継続利用の手続きができます。

詳しくは本庁市民課、各支所市民生活係へお問い合わせください。

マイナンバーカード搭載の電子証明書の更新について

マイナンバーカード搭載の電子証明書が有効期限を迎える方に、地方公共団体情報システム機構より更新に関する通知書を郵送しています。

有効期限が過ぎた場合には、e-Taxやコンビニでの住民票交付など電子証明書を利用した手続きが使えなくなりますが、有効期限が過ぎてしまっても、新しい電子証明書を発行することができますので、必要となったときに窓口へお越しください。

お問い合わせ

市民生活部市民課窓口証明係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3159(111)

ファックス番号:0995-66-4501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る