トップ > くらし・手続き > 育児 > 手当て・助成 > 養育医療給付の申請

更新日:2021年10月1日

ここから本文です。

養育医療給付の申請

身体の発育が未熟なまま生まれた乳児は、生後速やかに適切な処置を講じる必要があります。養育医療給付制度では、その医療を必要とする未熟児に対して、入院にかかった費用の助成(保険診療分のみ)を行っています。

対象者

姶良市に住民票があり、1及び2(1)~(5)のいずれかに該当する場合

1 出生時の体重が2,000グラム以下の者

2 生活力が特に薄弱であって、次に掲げる症状のいずれかを示す者

  • (1)一般状態
    • ア 運動不安又は痙攣がある状態
    • イ 運動が異常に少ない状態
  • (2)体温が摂氏34度以下の状態
  • (3)呼吸器及び循環器系
    • ア 強度のチアノーゼが持続するか、又はチアノーゼ発作を繰り返す状態
    • イ 呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、又は毎分30以下の状態
    • ウ 出血傾向が強い状態
  • (4)消化器系
    • ア 生後24時間以上排便がない状態
    • イ 生後48時間以上嘔吐が持続している状態
    • ウ 血性吐物又は血性の便がある状態
  • (5)黄疸 生後数時間以内に黄疸が現れるか、異常に強い黄疸がある状態

申請に必要なもの

出生届出後、速やかに申請してください。退院後は申請できませんので、ご注意ください。

1.養育医療給付申請書(ダウンロード(PDF:117KB))(市役所にも置いてあります ※個人番号が必要です。)

2.養育医療意見書(指定医療機関で発行します)

※指定医療機関についてご不明な場合は、健康増進課までお問い合わせください。

3.世帯調書(ダウンロード(PDF:103KB))(市役所にも置いてあります ※世帯構成員全員分の通知カードまたはマイナンバーカードをお持ちください。)

4.委任状(ダウンロード(PDF:61KB))(市役所にも置いてあります)

5.対象児の健康保険証の写し(手続き中の場合は、加入予定の、保護者の健康保険証の写し)

※世帯の市町村民税の課税状況に応じて、自己負担額が設定されますが、実際は姶良市子ども医療費から自己負担分が支払われますので、手出しは必要ありません。ただし、おむつ代など養育医療の対象とならないものは、医療機関に直接お支払いいただくこともあります。

6.運転免許証、保険証等の申請者本人の確認用書類(写しでも可)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課母子保健係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3293(直通)

ファックス番号:0995-67-0095

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る