活躍する職員

更新日:2017年8月1日

ここから本文です。

活躍する職員 

姶良市役所には19歳から63歳まで幅広い年齢層の職員が在籍しています。
ここでは、入庁3年以上の職員に、キャリア(入庁後から今日までの経歴)や仕事へ対する思いを聞いてみました。今回募集対象となっている4種で活躍する職員5人をご紹介します。入庁直後だけでなく、みなさんが入庁し、数年後の姿を想像していただくための参考となれば幸いです。

ラインナップ


001 一般事務 ─── 入庁3年目・中嶋主事のケース

キャリア

入庁して2年間は、企画政策課統計係で国勢調査の実施や市の統計誌作成など統計業務に従事していました。今年度から商工観光課観光政策係で、姶良市の新しい観光の発掘、イベント企画、インバウンド対策などの業務を行っています。

入庁時と今

1年目は、公私ともに余裕がないでしたが現在は仕事にも慣れ、どのようにすればいいのか、何をすべきか自分で考えて行動できるようになり、プライベートも充実しています。

勤務上のマインドとモチベーション

働くうえで、やはり相手への言葉遣いや姿勢、態度にはかなり気をつけています。市民の方はもちろんですが、事業者や同じ職場の職員に対しても、いつ自分がお願いする立場になるか分からないので、常に丁寧に対応できるようにしています。
 やりがいを感じるのは、やはり褒められたときです。市民の方にも「いつも大変ですね」とお気遣いいただくことがありますが、がんばっていてよかったと感じます。また、イベントで参加した方々が楽しそうに笑顔でいる姿を見たとき、達成感を感じます。

どんなまちを描き、めざしていますか?

「姶良市ってどんなところ?」と聞かれたときに、市民一人ひとりがすぐに姶良市のことを自慢できるような魅力あふれるまちにしていきたいです。姶良市には、まだまだ自慢すべきところがたくさんあります。それを多くの人に知っていただきたいです。

一市民としての心得

姶良市で暮らす上で大切にしていることは、できる限り姶良市の情報、いいところを見つけるためにたくさんの人と話すことです。

受験を考えられてるみなさんへ

姶良市は、まだまだ魅力が眠るまちです。その魅力を私たちが発掘し、周りに伝えることで、可能性はどんどん広がっていきます。その魅力発掘には、新しい視点、新しい感覚が必要になります。受験される皆さんと姶良市の新たな魅力発見のために、がんばっていけたらと思っておりますので、合格目指してがんばってください。

  

ページの先頭へ戻る

 

002 一般事務 ─── 入庁6年目・富山主事のケース

キャリア

県外の大学に在学中、改めて鹿児島のよさに気づき、地元で働きたいという気持ちから姶良市役所を志望しました。入庁から4年間は、企画部情報政策課電算係に所属し、庁内システムの保守や番号制度導入などを担当しました。

政策研究員大学院大学を卒業して(昨年1年間派遣)

公共政策プログラム防災危機管理コースに入学しました。防災危機管理コースという名前ですが、1年間で学位をとる必要があることから、インフラや街づくり、統計学、フィールドワークなど様々な講義を受講できました。また、留学生が大半を占める大学院大学のため、留学生との交流も多く、その学校環境が特に印象的でした。官公庁だけではなく、多くの企業からも学生が入学している点も刺激になりました。

卒業後のマインド変化

官民問わず多くの優秀な方々と、一緒に仕事をでき、自分自身の力不足も改めて実感しました。まずは仕事を覚えることが目標に、一つひとつの仕事を大事に取り組んでいきたいと思います。

派遣の強み

大学院では防災業務や災害の経験が無い中での研修は大変苦労しましたが、現在の実務を通して大学院で研究したことの重要性に改めて気づくことも多くあります。大学院時代の同期に仕事で相談できたり、先進地事例として学べたりすることは、業務でも大変心強い点です。

どんなまちを描き、めざしていますか?

県内の中でも特に住みやすい街です。そのなかで防災に関しても、住民の方々の関心が高い街になっていけたらと考えています。

受験を考えられてるみなさんへ

業務など大変な点も多いですが、やりがいの多い職場です。皆様と一緒に姶良市で働けることを楽しみにしております!

ページの先頭へ戻る

 

003 保健師 ─── 入庁3年目・萩原主事のケース

キャリア

母子保健の担当をしています。現在は主に乳幼児の健診や育児相談、離乳食教室の業務に携わっています。乳幼児やその保護者を対象とした事業なので、関わりの中で保護者の方が育児に自信を持てるよう支援したり、お子さんの健やかな成長につながるような支援を行っています。

入庁時と今

1年目は、分からないことだらけで、目の前の業務に追われる時間が多かったように感じます。仕事をしていく中で、一緒に地域を支えてくださる方々とのつながりができ、相談させていただく機会もとても増えました。様々な視点が入ることで気づかされることや、解決につながることも多く、業務をこなすだけでなく人とのつながりを大切にするように心掛けています。

勤務上のマインドとモチベーション

専門書を読み、知識を身につけたり、研修会等に積極的に参加するよう心掛けています。専門職として、業務の中で様々な知識が求められ、日々学ぶことの大切さを感じています。
市民の方からの相談を受ける中で、「保健師さんに相談してよかった」と言っていただいたり、保護者の方とお子さんの成長を一緒に喜ぶことができることにやりがいを感じます。

どんなまちを描き、めざしていますか?

子育て支援体制の整備等の推進によって、子どもが増加している一方で、高齢化率も上昇しています。赤ちゃんから高齢者まで地域に住む人々が健康を維持し、いきいきと暮らすことができ、笑顔の絶えないまちにしたいです。

一市民としての心得

普段の生活の中でも青年団等の活動を通して、地域の方と話をしたり、一緒に活動を行う機会を大切にしています。

受験を考えられてるみなさんへ

姶良市は、市民の方との距離が近く、多くの方と密につながりながら仕事ができる魅力的なまちだと思います。市民の健康を支える専門職として皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

 

ページの先頭へ戻る

 

004 土木職 ─── 入庁3年目・中嶋主事のケース

キャリア

平成27年度に入庁し、土木課に配属されて3年目になりました。主に道路改良工事に関する工事や測量設計業務委託の発注用の設計書や図面の作成を行っています。工事中は、現場で設計図どおりに施工されているか検査をしたりします。また、道路改良に伴い、用地買収の必要がある場合は、工事の説明をするために用地交渉に行くこともあります。

入庁時と今

入庁した頃は、何をしたらいいか分からず、困ることが多かったです。しかし、優しい先輩方が気にかけてくださり、たくさんのサポートをいただいたおかげで1年目と比べると着実に成長できたかなと思います。

勤務上のマインドとモチベーション

業務を行う上で参考となる文献をしっかり読み、根拠となるものが何なのかをしっかり把握するようにする事です。また、判断に迷った時は、すぐ上司や先輩方に相談するようにしています。上司や先輩方が培ってきた「経験」は、非常に参考になります。やりがいは、設計会社や施工会社の方々と協力して工事が完成し、思い描いていたような道路が完成したときです。市民の方々から、「きれいな道路になったね」とお聞きすると、とても達成感を感じます。

どんなまちを描き、めざしていますか?

姶良市民の方々が快適で住みやすい「まち」を、また、市外の方々からは「姶良市に住んみたいな。」と思ってもらえるような「まち」にしたいです。

一市民としての心得

普段の生活では市民の方々から市役所職員として見られていることを意識し、常に節度のある行動を心がけています。

受験を考えられてるみなさんへ

姶良市は鹿児島県で唯一人口の増えている都市で、大型商業施設のオープンなど、今後より発展していく魅力ある市です。また、職場内の雰囲気も良く、みなさんにとって働きやすい環境だと思います。姶良市役所で、やりがいのある仕事を一緒にしていきましょう!

ページの先頭へ戻る

 

005 学芸員 ─── 入庁20年目・深野係長のケース

キャリア

発掘調査、指定文化財の保護管理、歴史民俗資料館・加治木郷土館の学芸業務、太鼓踊りの公開運営などの文化財全般に関わる業務を担当しています。現在は学校の出前授業や市民講座の講師など、文化財の普及啓発に関わる業務が増えてきています。

入庁時と今

入庁したころは、文化財保護の仕事内容や手法など覚えなければならないことばかりでしたが、現在は土地勘や人脈を得ることができ、より自分が思い描いたものに近い文化財保護を目指すことができるようになりました。

勤務上のマインドとモチベーション

専門職としての知識・スキルを向上させていくとともに、それを姶良市政に活かすために、市職員としての基礎をしっかり勉強することを心掛けています。市民の方々や子どもたちに姶良市の歴史について話す機会が多くありますが、「今まで知らなかった」とか「話を聞けて興味が湧いた」という声を聞くとうれしく思います。

どんなまちを描き、めざしていますか?

姶良市は地理的条件に恵まれ、古くから人々の生活の場として利用されたことにより、多くの遺跡・文化財があります。市民の方々が地域の歴史・文化を誇りに感じ、そこで育つ子どもたちへ伝統をつないでいくことができる環境をつくっていきたいと思います。

一市民としての心得

地域を知ることです。地域の理解・協力を得ることが、文化財保護の第一歩です。

受験を考えられてるみなさんへ

試験は狭き門で大変だと思いますが、姶良市は専門職の力を発揮できる環境・素材に恵まれています。ぜひ頑張っていただいて、一緒に働きましょう! 

ページの先頭へ戻る

 

 

関連リンク

エントリーのご参考トップ
エントリー基本情報トップ

このページのトップ

 

 

お問い合わせ

総務部総務課人事係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3012

ファックス番号:0995-65-7112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?