ホーム > 改元に伴う文書の取扱いについて

更新日:2019年4月4日

ここから本文です。

改元に伴う文書の取扱いについて

平成31年4月1日付けで元号を改める政令(平成31年政令第143号)が公布され、本年5月1日から新元号「令和」と定められました。

本市が作成、発送する文書等については、従来から原則として元号を使用しており、改元日以降は新元号による表記を行いますが、それ以前の文書や電算機器で大量発送されるもので改元後の年の表示を「平成32年5月1日」、「平成32年」のように「平成」で表記しているものもあります。

平成で表記したこれらの日付等について、法律上の効果は変わることはありませんので、新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

また、市民の皆様が申請等で日付を記載される場合も「平成」が使用された文書は、有効なものとして取り扱いますが、改元後は可能な限り新元号「令和」をご記載くださるようお願いいたします。

 

お問い合わせ

総務部総務課法制文書係

899-5492 鹿児島県姶良市宮島町25番地

電話番号:0995-66-3012

ファックス番号:0995-65-7112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?