トップ > 行政・議会 > 行政改革 > 行政改革大綱 > 第2次姶良市組織機構再編計画など

更新日:2019年6月21日

ここから本文です。

第2次姶良市組織機構再編計画など

  1. 第2次姶良市組織機構再編計画(PDF:272KB)
  2. 第2次姶良市定員適正化計画(PDF:466KB)
  3. 姶良市人材育成基本方針(PDF:429KB)
  4. 姶良市補助金等に関する基本指針(PDF:251KB)
  5. 姶良市指定管理者制度に関する指針(PDF:455KB)
  6. 姶良市公共施設見直し指針(PDF:320KB)
  7. 姶良市アウトソーシング推進に関する基本指針(PDF:314KB)

第2次姶良市組織機構再編計画などの概要

本市の行財政改革を推進していくために、「第2次姶良市組織機構再編計画」、「第2次姶良市定員適正化計画」について、姶良市行政改革推進委員会(会長:有馬純春)において審議を重ね、平成28年3月10日に同会長から市長に対し答申書が手渡されました。
市ではその答申に基づき、同年3月22日に上記計画を決定しましたので、新たな計画とこれまでの方針などの概要をお知らせします。

計画などの名称・概要

1第2次姶良市組織機構再編計画

組織再編の基本的な考え方は、「第2次姶良市行政改革大綱」に基づき、簡素で効率的な行政運営を図りながら、多様化する市民のニーズや新たな行政需要に対応できる組織を構築する必要があります。
この考え方に基づき、第2次姶良市組織機構再編計画の主な視点を、

  1. 市民サービスの向上が図られる組織
  2. 簡素で効率的な組織
  3. 新たな行政課題に対応できる柔軟な組織
  4. 組織の強化
  5. 庁舎の見直し

の5項目とします。改革すべき要素をすべて拾い出し、組織が抱える問題や課題を解決しながら、再編に結
びつけ、よりスリムで機動性の高い組織をめざします。

2第2次姶良市定員適正化計画

定員適正化計画は、合併後もさらに厳しさを増す市財政の現状に鑑み、簡素で効率的な行財政運営を図りつつ、定員の適正な管理を行うことを目的とします。

3姶良市人材育成基本方針

人材育成基本方針は、組織を構成する職員の意識とその能力開発の重要性を認識し、姶良市職員の目指す「職員像」を明らかにするとともに、人事諸制度の改革の方向性を示すことと、職員の能力開発を目的として、総合的な視点での人材育成への取り組み方を示しています。

4姶良市補助金などに関する基本指針

補助金などに関する基本指針は、限られた財源を適正かつ有効に活用する認識を持つとともに、検証と見直しに取り組むため、統一した基準を定め、明確で公益性・公平性が確保された補助金の運用を行うことを目的としています。

5姶良市指定管理者制度に関する指針

指定管理者制度に関する指針は、本市が設置する公の施設に係る指定管理者制度の導入・運用に当たって想定される事務処理などについての考え方や標準的な取扱いを示したものです。

6姶良市公共施設見直し指針

公共施設見直し指針は、限られた人的・財政的資源の中で、本市全域での市民サービスの維持・向上と、運営経費の最小化・効率化を図っていくために、既存施設の整理統合、廃止、譲渡(民営化)、他の用途への転用などを視野に入れながら、時代に即した公共施設のあり方や方向性を検討するために定めたものです。

7姶良市アウトソーシング推進に関する基本指針

アウトソーシング推進に関する基本指針は、今後5年間におけるアウトソーシング推進にあたっての市の基本的な方針を取りまとめ、市民の理解と協力を得ながら取組みを進めていくことにより、行政改革大綱に掲げている「市民満足度の向上」、「財政運営の健全化」という目的の達成に資するために策定するものです。

組織機構再編計画などの計画期間

組織機構再編計画と定員適正化計画の計画期間は、平成28年度から令和2年度までの5年間とします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部庁舎建設課行政管理係

899-5294 姶良市加治木町本町253番地

電話番号:0995-66-3075

ファックス番号:0995-65-7112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る