ホーム > 消防・救急 > 救急 > 消防車による救急活動支援(PA連携)について

更新日:2017年4月24日

ここから本文です。

消防車による救急活動支援(PA連携)について

PA連携とは?

救急車消防車

 

 

ポンプ車(Pumper)の頭文字『P』と救急車(Ambulance)の頭文字『A』をとって名前を付けたものです。

 

救急隊員3名だけで対応できない時に、消防車救急車が同時に出動することをPA連携と言います。

 

 

消防車がPA連携で出動する場合

急病による事案

  • 傷病者が心肺停止状態であると通報時に確認できた場合
  • 傷病者が2階以上の場所で歩行ができない場合
  • 祭、イベント会場など大勢の人が集まっている場所で発生した場合

交通事故などによる事案

  • 国道・県道などの交通量が多い場所で発生した場合
  • 事故車両からの燃料漏れなどの発生が通報時に確認できた場合
  • 負傷者が自力で脱出できず、救急隊3名では救出困難が予想される場合
  • 高リスク受傷機転(車が横転して閉じ込められているなど)による事故と予想される場合

その他の事故などによる事案

  • 高所からの転落により救急隊のみでは対応が困難な場合
  • 乱闘、刃物、銃などによる傷害事件が発生した場合
  • 山間部などで現場が道路から離れて、道も険しく搬送が困難な場合
  • その他別事案に対応中、または救急隊3名では対応が困難と通信指令員が判断した場合

 

消防車はサイレンを鳴らして救急現場に出動します。

「救急車を呼んだのになんで消防車も来るの?」と驚かれるかもしれませんが、傷病者の方を安全にできるだけ早く救急車へ収容し、病院へ搬送するための活動ですので、みなさんのご理解・ご協力をお願いします。

 

お問い合わせ

消防本部警防課第1通信指令室

899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田2040番地1

電話番号:0995-63-3287

ファックス番号:0995-63-3291

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?