ホーム > 消防・救急 > 消防本部 > お知らせ > ルールを守って楽しい花火

更新日:2017年5月23日

ここから本文です。

ルールを守って楽しい花火

花火の包装に書いてある遊び方をよく読んで必ず守りましょう。

花火遊びにもルールがあります。説明をよく読みましょう。

 

花火を人や家に向けたり、燃えやすいもののある場所で遊んだりしないようにしましょう。衣服などに火がつかないように注意しましょう。

花火遊びをするときは、筒先の方向・場所などに十分に注意しましょう。衣服が燃えると大きなヤケドとなることもあります。

手持ち用の筒花火を使用するときは、手の位置に注意しましょう。

手持ちの吹き出しものは、筒の中程より少し下を持ち、体から離して使用すると安全です。

風の強いときは、花火遊びはやめましょう。

風の強いときは遊ばないことです。点火の際は、体を風上にして、風下の人が火の粉をかぶらないよう、風の方向に注意しましょう。

水を用意しましょう。

バケツの水に終わった花火をつけましょう。途中で消えた花火は水につけましょう。

大人と一緒に遊びましょう。

花火遊びは危ないと怒られたため、子供達だけで隠れて遊び、事故を起こした例が少なくありません。大人が積極的に参加して、花火の正しい遊び方、火の後始末を指導してあげてください。

たくさんの花火に、一度に火をつけないようにしましょう。1本ずつ遊びましょう。

1本ずつ火をつければおとなしい花火でも、数本まとめて火をつけると、大きな炎になって危険です。

正しい位置に正しい方法で点火してください。

点火の位置が種類や形状によって異なります。点火方法を確かめてローソクまたは線香で点火しましょう。(マッチやライターは使わないこと)

花火の筒先に顔や手を出さないこと。点火する時や途中で火が消えたときは、特に注意。

火が消えても、途中で筒先をのぞき込んだりするのはとても危険です。

 

花火をポケットに入れてはいけません。

転んだり、ぶつかりあったはずみで発火してヤケドをするなど、思いもよらぬ事故につながります。

花火を分解して遊ぶことは危険です。絶対してはいけません。

分解中に暴発する恐れがあります。大変危険なので絶対にしてはいけません。

 

 

 

 

お問い合わせ

消防本部警防課第1通信指令室

899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田2040番地1

電話番号:0995-63-3287

ファックス番号:0995-63-3291

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?